FC2ブログ

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.09.29 (Thu)

-Wanna Go to Heaven

カテゴリー:思ったこと


下校中、道路に1匹の蟷螂が夢半ばで潰れていた。

恐らく捕食中だったのだろう、道路には蝶の羽根が散らばっていた。

帰ってきて一連の出来事を家族に話すと

「かわいそうに、お腹に卵があったから重くて逃げれんかったんやろうなー」

そうか、他者、他性の死に対してもかわいそうだという感情を抱ける

僕の母親は感性に満ち溢れているんだな。素直にそう思った

しかし、世の中感情だけでは絶対にうまくやっていけない。

事実を事実として、受け止める、蟷螂の死が必然であったことを

感情を押し殺して受け入れないといけない場面がある。

蟷螂の死はわからない。でも、

もしトラックが躊躇して止まったりしたら、それはまた別の惨事が起こっていたかもしれない

そういう結果があった上での想像は、何も生まない

利益のない思想は、回顧は、する必要性がない。

今起こったことで今後有用性のある思想は、すればいい

でも有用性が発揮できなかったことを悔やんでいられるか、

といえば必ずしもそういうわけには往かない。。

ただ、根底に持っている「自分」を容易く変えようとする行為は

無意味であると考える。

自分を根っから否定して、新しくしようとする

その行為は余程の覚悟がないといけない気がする。

たとえ10年でも20年でも、生まれた瞬間に持って生まれた「我」を

自分を作り上げる基盤となっている「我」をそう容易く変えられるかといえば

恐らく不可能である。

最初に持った「自分」は、最後死ぬときまでそのままであるべきだと思う。

それではまた。


by-Amano

スポンサーサイト
プロフィール

ばばあ!

Author:ばばあ!
アマチュアマジシャン。
クロースアップマジックを中心にニコニコ生放送やUSTREAMにてひっそりと活動中






現在の閲覧者数:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR